花粉症2016が到来!! のどや咳の症状について

2016年の花粉症

そろそろ花粉が気になる時期になってきましたね。「あぁ~また今年も花粉症に悩まされるのか…」と気が重くなっている方も多いのでは?ここでは、花粉症2016の喉や咳の症状についてお話ししていきますね。

スポンサーリンク

花粉症2016が到来!!

花粉症の原因

2016年も春の花粉が飛散する時期になってきました。すでに花粉症対策を行っている方もおられるかもしれませんね。花粉症の主な症状として鼻水やくしゃみなどが挙げられますが、のどの痛みや咳などの症状があるという方も多いです。

続きでは、のどや咳の詳しい症状や花粉症の治し方についてご紹介していきますね。

のどや咳の症状について

花粉症の症状

花粉症で のどに違和感が起こったり咳が出たりするのは、花粉がのどの粘膜に付着することももちろん考えられますが、花粉症による鼻詰まりから口呼吸となってしまい、のどが乾燥して免疫が低下してしまうことも原因の1つと考えられます。

のどにかゆみや痛みがあらわれ、咳が出るなどの症状はとても辛いですから、花粉が飛散しはじめる時期になったらしっかりと対策をしておきましょう。

花粉症の治し方は?

花粉症2016

花粉症はアレルギー症状の1つですから、アレルギー物質となる花粉を体内に入れないようにすることが大切です。マスクや花粉用のメガネなど着用し、外から帰ったらうがい・手洗いをしっかり行いましょう。また、小まめにお部屋を掃除したり、空気清浄機や加湿器を使用するのもオススメです。

花粉症に効果があるといわれる緑茶やべにふうき茶などを飲むのも良いですね。のどが痛いときはのど飴や蜂蜜が効果的!!蜂蜜はそのままでもいいですし、生姜と一緒に紅茶に入れて飲むと身体もあたたまって、まだ寒いこの時期にはピッタリですよ♪

花粉症はとても辛いものですが、早めから対策をして上手に乗り越えましょうね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク