舌が白いときの治し方について!原因は何?

舌 治し方

舌は普通はピンク色というのが一般的です。しかし、中には舌の上が真っ白になっているという人もたまにいます。これは【舌苔】と言われるもので舌の細胞の角質に細菌が溜まっている状態なのです。溜まったものが白く見えているということになります。この舌苔は口臭の原因なると言われています。

スポンサーリンク

舌苔の原因について

舌苔の原因

舌苔は病気ではないので治療をする必要はないと言われています。原因は細菌や食べかす、舌の運動機能の低下や唾液少ないことによっても起こるとされています。抗生物質の長期服用による影響もあると言われています。治療の必要はないと言われても口臭の原因になると言われると何とかしたいものです。

舌が白いときの治し方は?

舌が白い

一番よい方法は舌ブラシというものが販売されていますので、そのブラシを使用すると良いでしょう。ただし、使用は一日に1回程度で十分です。それだけでかなりの舌苔は改善されるはずです。注意をしたいのはあまりに舌ブラシを使用し過ぎると舌を傷つけたりする可能性があるということです。また、歯ブラシで舌を磨くのは止めましょう。やはり舌を傷つけてしまい他の病気になってしまう可能性もあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク