舌の裏の口内炎やできものが痛い!! 原因や対処法について

舌の裏のできもの

舌は物を食べるのにも味わうのにも、とても大切なものです。ですが、舌は結構敏感な器官なので、体調が悪くなったり栄養の偏りが起こるとすぐに反応してしまうこともあるのです。

舌でも舌の裏に出来る口内炎や出来物は厄介です。痛みが伴う場合は気にもなりますし、食べることやしゃべることでも不便を感じてしまうことになってしまいます。

スポンサーリンク

舌の裏にできる口内炎の原因は?

口内炎の原因

舌の裏に何か違和感を感じたとき、口内炎ができていることってありませんか?これって食べ過ぎ?疲れ?何が原因なのでしょうか?

実は口内炎が舌の裏にできる原因は大きくわけて3つあります。

①口の中の粘膜が弱っている

これは疲れや睡眠不足、ストレスなどが原因とされます。生活習慣が乱れることで免疫力が弱まり、口内炎ができます。

②舌が傷ついている

舌の傷は突発的なことが原因になります。例えば火傷をした、舌を噛んだ、歯ブラシが強く当たったなどです。舌が傷つくとそこから細菌が入って口内炎ができます。

③口の中の細菌が増加している

口の中が乾燥したり、不潔にすると起こります。歯磨きがおろそか、口呼吸といったことがきっかけになります。

そして①や②と組み合わさると口内炎ができます。 よく食べ過ぎたときに口内炎ができるのは、主に口の中の粘膜が弱っていることが原因となります。

口内炎ができると食事もままならないことも多いので、気をつけたいですね。

舌の裏の口内炎の治し方について

口内炎の治し方

舌の裏にできた口内炎を治す方法をご紹介します。

①タンパク質とビタミン

口内炎にはビタミンというのは聞いたことありますよね。ビタミンというのは体の抵抗力をアップさせるのに必要な栄養素です。タンパク質も同じです。 口内炎は抵抗力が落ちるとできやすくなりますので、こういった抵抗力をアップさせる栄養素を積極的に摂るようにしましょう。

②睡眠

質の良い睡眠をしっかり取りましょう。睡眠を取ると体がリラックスし、細胞の生まれ変わりを手助けします。

③口の中を清潔に

口内炎は細菌が増えるとできやすくなります。細菌は口の中が汚い状態です。食後に歯磨きをする、歯ブラシは柔らかいものを使う、マウスウォッシュを活用するといった口腔ケアを行いましょう。口臭予防にもなって一石二鳥です。

口内炎の治し方はどれもすぐにできるものばかりです。というより生活習慣を正しくすることが何よりの予防&治療ということでしょうか。

舌裏のできものの原因は?

できもの 原因

舌の裏に出来物が出来るのは神経が圧迫されているからだと言われていますが、ストレスの持続や偏った食事や疲労といったことから血行の悪化が起こり老廃物が排出できないようになり蓄積していくことでも起こることとなるのです。

できものの対処法について

舌のできもの 治し方

舌の裏のできものの対処法は、食べ物に気を使い偏った食事などを是正して自然治癒を待つということがベストということになります。

ですが、我慢できなかったり気になって仕方がない場合は自分で適当な治療をするよりも専門の医師による治療を受けるほうが良いですし、その方が治りも早いのではないかと思われます。痛みというのはどうしても気になるものです。

そのうえ、物が食べられない、しゃべるのが辛いということになると相当にストレスを受けます。他の病気になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク