舌の血豆は癌が原因!? 検査をするなら病院は何科?

舌の血豆

頬や舌に血豆のようなものが出来てしまうことが有ります。

多くの場合は原因もハッキリしており痛みはあるものの放っておくのが一番良いと言われています。

スポンサーリンク

舌に血豆ができる場合は?

血豆 舌

いつのまにか舌に血豆が…。結構こういうことってありますよね。血豆には種類がありますが、一番の原因は内出血によるものです。舌を噛んでしまったりすることですぐにできてしまいます。

こういった血豆は口内血豆、外傷性血腫といいます。血腫と聞くと少し怖いですが、あくまで内出血なので過度に心配する必要はありません。口というのは食事をしたり喋ったりといろんな運動が長時間行われる場所です。

  • 食事中に舌を噛んだ
  • 入れ歯がすれ傷ができた
  • こけて口の中を切った

など、外的要因もたくさんあります。ですが、場合によっては症状が似ているのに悪性度の高い血豆もあります。

血豆が出来る回数が増えると、自然と悪性度の高いものに変化することがあります。悪性度の高いものはガンに病変する可能性がありますが、例は少ないそうです。

血豆の原因について

血豆の原因

考えられる血豆の原因は噛んでしまうということです。何か拍子に舌や唇、頬の内側などを噛んでしまうと当然、血が出て血豆のようなものが出来る可能性があります。

また、口内炎が良くならずに悪化するということで起こることも考えられます。

打撲などの外的要因で口の中に血豆ができてしまうということも考えられます。

検査する病院は?

口腔外科 検査

こうした症状の場合は、基本的に放っておくか 口内炎の悪化ならば、炎症を抑えるような薬を使用するしかありません。

長きに渡って血豆ができてしまってなかなか完治しないということなら癌という可能性もあります。一度、病院でしっかりと検査を受けるべきでしょう。その場合の診察は口腔外科で受けるということが望ましいといえます。

血豆が良性かは悪性かの判断をしてもらわないといけません。血液内科や皮膚科、耳鼻科などでも診察が可能な場合もあるようですのであまりにも血豆が治らないのならまずは近くのクリニックで診てもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク