夏風邪2016の症状は?咳や熱の治し方について

夏風邪の症状

風邪といえば冬にひくものだというイメージがありますが、最近ではクーラー(冷房)の影響もあり、夏でも風邪をひいてしまうことがあります。ここでは2016年の夏風邪の症状や治し方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

夏風邪2016の症状は?

喉の痛み

2016年の夏風邪では喉の痛みや咳の症状が流行しているようです。咳や声枯れ、のどの痛みから風邪の症状に気が付くケースが多いようですが、喉に炎症が見られるわりに発熱はそれほど高くない場合も多いようです。

熱が低いからといって自己判断で受診せず自然治癒力で治そうとすると、風邪の症状が長引いてしまうことがあります。周りで夏風邪が流行っているときや、レジャーシーズンで人混みへお出かけした際などは体調の変化に気を配り、喉の痛みや咳が出始めたときは早めに病院を受診するようにしましょう。

咳や熱の治し方について

夏風邪 病院

風邪の治し方は内科や耳鼻科を受診し、処方薬を正しく服用することが大切ですが、自己管理にも気を付けることが早く治すコツだと言えます。人間の身体にとって一番大切なのは食事と睡眠です。毎日の生活においても欠かせないことですが、体調がすぐれないときはこれらにより気を遣うようにしましょう。いつもより早めに休めるように仕事や家事を切り上げることも大切なことです。まじめな人ほどやり残したことが気になって休めないとがんばってしまいがちですが、お休みする勇気をもつことは大事なことです。

夏場は気温が高いため、冷房を使って過ごすことが多いですが、これが喉の炎症や咳を長引かせてしまう原因にもなります。職場などの環境で空調の管理が難しい場合は、羽織るものを準備したりマスクを着用して身体の冷えや喉の乾燥を防ぐようにしましょう。

食欲がないときは栄養面は考慮せずに食べられるものをできるだけ食べるようにします。脱水をふせぐためには飲み物をのむことも大切ですが、それ以上に水分をとることができる食事も欠かせません。熱があるときはとくにこまめに水分補給をしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加