鼻から胃カメラ!嘔吐反射が強い場合はどうする?

嘔吐反射の対処法

胃の不調が続いたり、健康診断などで胃カメラをすすめられることってありますよね。苦しい検査は嫌だけど健康には変えられない!検査をすることはとても大切です。

ところで皆さんは胃カメラ検査をしたことがありますか?飲んだことのある方ならご存知かと思いますが、胃カメラってオウェ~となって苦労するんですよね。時には涙が出ることも…。

そんな辛い胃カメラですが、現在注目されているのが鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)です。口から入れる胃カメラよりも楽に飲めるという噂もありますが、果たしてどうなのでしょうか?さっそくご紹介します♪

スポンサーリンク

胃カメラは口と鼻、どっちが楽?

経鼻内視鏡検査の評判

気になる鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)ですが、一般的にはこちらのほうがやはり楽という話が多いようです。

というのも、経鼻内視鏡検査の機器が通常口から入れる胃カメラよりも、管が細いのですね。そして通常口から入れる胃カメラの場合、胃カメラが喉を通る時に嘔吐反射を起こす器官に触れるので、そこを通過するまでが一番苦しく辛いのですが、経鼻内視鏡検査の場合は通過する通路の違いから、嘔吐反射を起こす器官に触れにくいので辛さがあまりないようなのです。

とは言えそれでも嘔吐反射は出ますので、また、嘔吐反射が強いと本人も医師も大変なので、できるだけ楽に胃カメラを飲みたいですよね。続きではそんな嘔吐反射を和らげる方法をご紹介します。

嘔吐反射を和らげる方法について

そんな苦しい嘔吐反射を和らげる方法があります。その方法をご紹介していきますね。

経鼻内視鏡検査の費用

その1.リラックスすること!
と言っても、緊張している時にリラックスできるわけないじゃないか~!と思われる方も多いと思いますが、ついつい緊張して方に力が入りすぎてしまうと、ギュッと各器官が縮こまってしまうので、できるだけ意識して体の力を抜くことが大切です。そうすることで各器官が緩み、楽にカメラが入っていくのです。

その2.舌を動かさない
これも難しくはありますが、内視鏡をする前に舌を少し前に突き出すようにしておくと案外楽になるということです。こちらも管が通る時に、できるだけ通る場所が狭くならないようにするためですね。やはりこちらもいかに意識してできるかがポイントのようです。

嘔吐反射が強い場合はどうする?

胃カメラ 鎮痛剤

それでもど~しても嘔吐反射が強くて、胃カメラを飲み込むことができない人もいます。これは病院にもよるのですが、中には鎮静剤を使って胃カメラを行う病院もありますので、医師に相談してみるのもひとつ手です。

ただし、これは病院や医師によっても方針が違います。というのも、やはり鎮静剤は軽いものでも身体に負担がかかるので嫌がる医師も多いのですね。患者さんを想ってのことなのです。なので、ど~しても嘔吐反射が強い場合は、医師と相談をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク