食べ物や唾液を飲み込むと喉が痛い原因や対処法は?

喉の痛み

食べ物や唾液を飲み込むと喉が痛くなることがありますが、急性や慢性の【咽頭炎】の場合、このような症状に見舞われてしまうことがあります。

スポンサーリンク

食べ物や唾液を飲み込むと喉が痛い原因は?

喉の痛み

急性咽頭炎の場合、初期の段階で頻繁に喉の痛みの症状が見られ、喉がイガイガするような不快感だけでなく、炎症の違いによって痛みに大きな違いがあるのが特徴です。

原因は、主に「風邪」や「細菌感染」です。対処法として挙げられるのが、うがいをすることです。

初期段階の喉の痛みの対処法は?

また、初期段階の喉の痛みの対処法として風邪をこじらせないように、きちんとクリニックに足を運び 喉の痛みの原因を知り、自分に見合った治療を行うことが大切です。

急性咽頭炎のような細菌感染の症状に合ってしまった場合、「抗生剤の内服」や「漢方の風邪薬」が有効です。高齢の方であれば、安心安全に服用することができる漢方薬がお勧めです。漢方薬は、体を温めることもでき、体力が消耗している時も副作用に見舞われる心配がありません。

単核球炎や扁桃周囲膿瘍による喉の痛みの症状は?

喉の痛み

その他にも喉の痛みの原因として挙げられるのが、伝染性の「単核球炎」や「扁桃周囲膿瘍」などがあります。

これらの症状は、多量の膿が溜まってしまい引き起こされることもあるので、激しい喉の痛みを感じる場合には、早期にクリニックで治療を行うことが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加