【舌扁桃】 腫れや痛みの症状!! 治し方は?

扁桃腺

よく「扁桃腺が腫れる」ということを風邪を引いた時などに耳にします。ここでは、舌扁桃の腫れや痛みの症状、治し方についてご紹介していきますね!

スポンサーリンク

「扁桃腺」はどこ?

扁桃腺の腫れ

一般的にいう扁桃腺(へんとうせん)とは、のどちんこの両脇にある【口蓋扁桃】のことを指します。口を開けると見える部分ですので腫れているのかどうかよく分かるのです。

では舌扁桃とはどこになるかというと、のどちんこよりもずっと奥の舌の根元辺りにあるのが舌扁桃となるのです。

舌扁桃の腫れや痛みの症状は?

舌扁桃の腫れは「舌扁桃の肥大」ということとして捉えられます。

舌扁桃が肥大しても痛みなどの症状が出ることは少ないようですが、やたらと咳き込んだり、違和感を感じたり、異物感を感じる事が多いようです。発熱を伴ったり、咳が出たり、咳の出過ぎによる嘔吐といった症状が出ることもあります。

扁桃腺の腫れの治し方は?

うがい

基本的に扁桃腺の腫れの治し方の一つの選択として、手術を選択するということは余程のことがない限りありません。

基本的には【うがい】をしたり、口の中を清潔に保つようにして様子を見るしかないのが現実です。炎症があまりに酷いと思われる場合は【抗生物質】を使用する場合もあるようです。

慢性化すると手術以外の選択しかない場合も出てきますが、基本は賢明に腫れが引くように清潔にしておくことが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク