【喉の痛み】治らない原因は?ストレスや性病?

喉の痛み

いつもの風邪のように対処しても治らない喉の痛みにお悩みの方、それは風邪が原因ではないかもしれません。喉が痛いというと風邪による炎症と思いがちですが、実はそれ以外にも様々な原因が考えられるのです。

スポンサーリンク

喉の痛みの原因はストレス?

喉の痛み

喉の痛みの原因の一つがストレスです。仕事や人間関係など様々な社会のしがらみで生活する現代人には意外と多くのストレスがかかっています。そんなストレスをうまく解消できればいいのですが、なかなかそうはいかないのが現状でしょう。

ストレスが溜まると、息がつまるような感じになり 次第に【喉の痛み】へとつながっていきます。

喉の痛みが治らない原因は?

喉の痛み

風邪でもアレルギーでもないのに喉の痛みが治らない場合、ヒステリー球が原因として考えられます。これはアレルギーの一種とも言われますが、特に普段言いたいことを我慢しているような人がかかりやすい病気と言われています。

交感神経と副交感神経がバランスをとって生活していますが、このバランスが崩れ交感神経の働きが過剰になることで喉が狭窄し、息苦しい感じになり、それが喉の痛みにつながるのが原因と言われています。

喉の痛みは性病の可能性も…

喉の痛み

またストレスも考えられない場合、【咽頭淋病】【咽頭クラミジア】などの性病の可能性もあります。

性器をなめることで感染するので、行為の後 1週間ほどしてから原因不明の喉の痛みがある場合は性病を疑った方がいいかもしれません。気になる方は病院で検査を受けてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク