睡眠時の口呼吸の原因や治し方は?オススメグッズ

口呼吸

睡眠時に鼻呼吸ではなく、口呼吸で眠っている人も多いと言われていますが、実は口呼吸で睡眠する事は様々な問題を引き起こします。

スポンサーリンク

睡眠時の口呼吸の原因は?

口呼吸

睡眠時の口呼吸の原因としては加齢などとともに口を閉じる力が弱くなってしまい、口が開きやすくなり自然と口呼吸をしてしまっている可能性があります。

また、幼い頃からの習慣で、口で呼吸をしてしまっているのも原因の一つと考えられます。

睡眠時の口呼吸の症状は?

口呼吸

睡眠時の口呼吸の症状としては、睡眠するとイビキをかいてしまってうるさい他、口内が乾燥してしまって唾液が少なくなってしまいます。人間の唾液というのは実は重要な働きをしていて、口内の殺菌作用などを持っています。

しかしこの唾液が乾燥してしまうことで、雑菌が繁殖しやすくなり歯の間にプラークが溜まりやすくなります。そうなると歯周病や虫歯にもなりやすくなってしまいます。

また鼻呼吸と違い、口呼吸だと脳に送られる酸素が少なくなるので、日中の活動で集中力を欠いたりするリスクもあります。では、何故人は口で呼吸をしてしまうのでしょうか。

口呼吸の治し方やオススメグッズは?

口呼吸

睡眠時の口呼吸の治し方としては、【眠る時に口に一枚テープを貼る】などがあります。

他の治し方としては、【マウスピース】などもオススメグッズの一つです。眠る時にマウスピースをつけるだけで口が自然と閉じて、鼻呼吸ができるようになります。ぜひ試してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク