【鼻づまり】頭痛や歯痛の原因や解消方法は?

鼻づまり

風邪などの症状で鼻づまりを起こす場合がありますが、そのようなときには市販の鼻づまり解消の外用薬によって解消することができます。

通常は、鼻における症状のみが現れ、他の部分には影響がない場合がほとんどです。しかし、中には鼻づまりによって、頭痛や歯痛を併発する場合があり、それには、理由があります。

スポンサーリンク

鼻づまりで頭痛や歯痛の原因は?

鼻づまり

まず、鼻づまりで頭痛が起きる原因としては、つまったことによる脳の酸欠状態を上げることができます。

つまってしまった場合には口呼吸になってしまい、呼吸も浅くなってしまいます。そのために脳に必要が酸素が不足してしまい頭痛の原因となります。

鼻づまり

他につまる原因としては副鼻腔炎の可能性も考えられます。副鼻腔炎は蓄膿症とも言われ、良く知られた病気です。急性と慢性のものとがあり、急性副鼻腔炎の場合には、痛みや腫れの症状を起こすこともあります。

特に急性副鼻腔炎の場合には頭痛や歯痛を引き起こすことがあり、それは炎症によって副鼻腔内で作られた膿が内部に圧力をかけることが原因となっています。

鼻づまりの解消法は?

解消方法としては、通常の鼻づまりが原因の場合には、鼻摩擦を行ってツボを刺激する方法と、耳たぶ回しという、顔全体のリンパの流れを良くする方法があります。

急性副鼻腔炎が原因の解消方法としては、薬による薬物療法、また、抗菌薬を鼻から吸い込むネブライザー療法、ツボの刺激による家庭療法がありますが、重症の場合には手術慮法が用いられます。

⇒ 鼻づまりについて【動画】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク