舌扁桃とは? 原因や症状、できる場所など! 治療方法は?

扁桃腺

扁桃腺が腫れると痛いものです。高熱を伴うこともあり再々に渡り高熱が続き、腫れが引かない時は扁桃腺を取るという人がいたりもします。

ここでは、舌扁桃の原因や症状、できる場所、治療方法をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

舌扁桃とは? 痛みの症状について

扁桃腺

【舌扁桃】は一般的に言う扁桃腺とは違った場所に存在します。舌扁桃とは舌の根元辺り、のどちんこの奥に存在しているのです。

舌扁桃が腫れることによって高熱を伴うこともあるようですが、症状としては痛みがあるわけでもなく異物感や違和感を感じることから何かおかしいと感じて病院に行くというパターンが多いようです。

違和感があるわけですからどうしても喉の奥が気になるということになり、咳き込む人も多いようです。

舌扁桃の原因は?

舌桃腺

舌扁桃の原因は、咽頭炎や喉頭炎が引き起こす場合や慢性的に鼻が炎症を起こしている人などに多く見受けられるようです。また、更年期障害や自立神経失調症が舌扁桃を引き起こすこともあるようです。

素人が判断できるものではありませんので、喉の奥に違和感を感じるようなら耳鼻科を受診するということが基本です。

舌扁桃の治療方法は?

うがい

舌扁桃の治療方法はかなり慢性化してひどい場合は手術となることもありますが、一般的にはうがいを頻繁に行い、口の中を清潔にしておき 様子を見るということになります。
気になる方は耳鼻科を受診してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク