【お腹の風邪】大人と子供の症状や治し方!うつるの?

お腹の風邪

下痢や腹痛などの症状が現れる、お腹の風邪は、ウイルス性の場合があり、患者の嘔吐物や排泄物に触れるなどすると、感染する危険性があります。

特に嘔吐物による、二次感染が強いので気をつけなければいけません!

スポンサーリンク

お腹の風邪の症状や治し方

お腹の風邪

治し方は、お腹の風邪の原因によって違いますし、お腹以外の部分にも、何か症状が出ていないか確認しなくてはなりません。

下痢と共に、発熱している場合には、食事は控えて、水分補給を心がけなくてはなりませんが、下痢で直ぐに水分が排泄されてしまう場合には、深刻な脱水症状の危険があるので、早めに医療機関で点滴などにより、水分と栄養補給をしなくてはなりません。

夏場などには、無理をしてでも水分補給をしようとしてしまいますが、下痢が酷い場合には、一度に摂取する水分の量を少量にして、摂取するようにしなければなりません。

早く治すために必要な事

お腹の風邪

お腹以外の風邪にも共通する治し方として、休息が肝心です。十分な睡眠を取る事により、体力を回復する事ができます。

お腹の風邪によく似た症状のなかに食中毒があります。食中毒は、患者の排泄物などに触れるだけでなく、咳やクシャミなどにより飛沫した唾液によっても、感染が拡大してしまう可能性があります。お腹の風邪の原因を見つる事により、症状を緩和させる事ができるので、早めに医療機関への受診が大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク