【胃腸風邪】大人と子供の症状の違いや治し方は?

胃腸風邪

胃腸風邪の症状は激しい下痢や嘔吐ですが、感染する細菌やウイルスによってあるいは大人と子供でも症状に違いがあります。
年齢に関係なく感染するのが、ノロウイルス・アデノウイルスです。

ノロウイルスの感染経路は、調理時の加熱が不十分であることや患者の嘔吐物からの二次感染です。

スポンサーリンク

胃腸風邪の症状

胃腸風邪

症状は下痢・嘔吐・発熱・寒気です。

【ノロウイルスについて】
熱や塩素に強いので、食中毒の対策が万全でも起こる最も多い胃腸風邪の原因菌です。

子供に多いのがロタウイルスとアデノウイルスです。

【ロタウイルスについて】
嘔吐・高熱・白色の水様下痢が症状としてあり、大人は基本的に大丈夫ですが、免疫力のない子供は重症化しやすいです。

【アデノウイルスについて】
夏に流行しノロウイルスほど感染力は強くありませんが、飛沫感染・接触感染により起こります。

胃腸風邪の治し方は?

胃腸風邪

いずれの場合も治し方は「食事に気をつけること」です。

吐き気があって食べれない時や食欲がない時は無理に食べなくても大丈夫です、下痢で水分が体外に出てしまうので水分補給は必要ですが、冷たい物は控えるべきです。

吐き気が治まれば、おかゆやうどんなどの温かくて消化のいいものを少量ずつ食べるようにします。

※注意 最善な治し方として「下痢止めを飲むこと」を挙げる人もいますが、むしろ逆効果です。

体外に有毒な菌を排出しようとする働きを止めるのではなく、医師に相談して適切な薬を処方してもらい、しっかりと休息をとって自然治癒力を高めることが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加