【夏風邪 2015】 喉の痛みや咳の症状、高熱が出る場合は?

夏風邪

風邪は寒い季節のイメージがありますが、夏場でも風邪を引くことは多くその症状は様々です。実は夏風邪はこじらせると長引きやすく、治りにくいといわれています。

夏風邪の正しい知識を身につけ効果的な対処法を知ることが、早期完治の近道といえます。

スポンサーリンク

夏風邪の症状

夏風邪

夏風邪の代表的な症状といえば腹痛や下痢の症状です。

夏場はエアコンなどで体を冷やしがちで、下腹部が冷えてしまうことで発症しやすいようです。また喉の痛みも重要な症状です。エアコンの効いた室内で長時間過ごす際は、加湿も意識して行い喉に良い環境を整えることが大切です。

夏風邪

夏風邪の原因菌であるウィルスを増殖させるのが高温多湿の環境です。代表的なウィルスであるエンテロウィルスとアデノウィルスは、腸と喉に悪影響を及ぼすことで知られています。

またその他の症状としては高熱が出たり、吐き気や倦怠感といった状態が多いようです。

夏風邪で高熱が出る場合の対処法

夏風邪

高熱が出た際は無理に汗をかかずに、十分な栄養と休息を摂ることが有効的です。

さらに水分補給も忘れずに、代謝を促して毒素を排出するのが良いといえます。夏風邪はこじらせる前に初期症状を感じたら、専門の医師の診察を受けるのが最も確実な治療法といえるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加