【舌炎】 原因はストレスやビタミン不足?ビタミンBが有効!!

舌炎

舌に炎症が起こる【舌炎】は、ストレスやビタミン不足が原因だと言われています。ここでは舌炎ついて対策法をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

舌炎の原因は?

舌炎の原因

舌炎は、口内炎の一種で、舌に出来ると「舌炎」、歯肉に出来ると「歯肉炎」、口角に出来ると「口角炎」と呼ばれます。一概にすべての口内炎がストレスやビタミン不足に起因しているとは言えませんが、舌炎がストレスや栄養不足と関係しているのは確かです。

身体の中のビタミンが不足すると、口の中の粘膜に炎症が起こり、舌炎になってしまうことがあります。

舌炎を即効で治す治し方について

即効で治す方法

口内炎や舌炎というのはだいたいが胃腸の不調や疲れ、睡眠不足といったものが原因です。生活習慣を見直せば~10日ほどで完治します。

ですがすぐにでも治したいときってありますよね。そこで効果抜群!と言われている治し方をご紹介します。

・はちみつを塗る
古くから伝わっている方法でポピュラーなものですが、効果には期待ができます。はちみつが患部をコーティングしてくれるの濃い味付けの料理も食べられますよ。ただし、はちみつを塗るときはとっても痛いので慣れるまでは我慢しましょう。即効性は保証します!
・ココアパウダーを塗る
患部にココアパウダーを直接塗るというものですが、ココアにもはちみつと同様に殺菌や炎症を抑える効果があります。ココアも塗るときに痛みがありますがこちらも即効性がありますよ。
・塩を塗る
なんとも荒療治ですが消毒作用がある塩は効果絶大なんです。患部に直接塗るので痛いのは想像通り。かなり痛いです。しかし効果は抜群です。ただコーティング効果はないので痛みが治まるまでは食事等は難しいかもしれません。
・市販薬を塗る
炎症がピークの時は絶対痛いの無理!という人に。口の中にシールを貼るタイプがオススメです。しかしシールなので違和感があります。誤って飲み込んでも体に害はありません。
・病院へ行く
病院に行くのは最終手段ともいえますが、病院ではレーザーによる治療が可能です。1~数日で完治するのですが保険は適用外になります。お金がかかりますが、確実で痛みもなく、早く完治しますよ。

舌炎が治らない原因について

舌炎が治らない

舌炎はそのまま放置していると治るまでにとても時間がかかります。

なかなか治らない舌炎の原因は、主にビタミンB2の不足、ストレス、歯による刺激や、胃腸の病気、貧血も関係しているといわれています。

特に慢性化した舌炎は、ビタミンB2をはじめとする栄養不足や慢性的なストレス、睡眠不足、胃腸の病気が考えられます。

舌炎を治すにはこれらの原因となっている生活習慣の見直しを行う必要があります。根本から改善していかなければ完治が遅れるだけでなく、再発しやすい状態になってしまいますよ。

舌炎は再発を繰り返すと極まれに悪性化することがあります。そうなると治療にさらに時間がかかり、あらゆる面に影響を及ぼす可能性があります。そうならない為にも、今一度見直してみましょう。

舌炎の対策は?

舌炎の対策

舌炎の対策としては、ビタミンを補うのがおすすめで、粘膜を再生するには、ビタミンBが有効です。舌炎の際に不足している成分が、ビタミンBだからです。

皮膚を健康に保って正常に作用せるのがビタミンB2で、皮膚の炎症を押さえるのがビタミンB6です。

舌炎の対策にオススメの食材は?

舌炎 対策法

舌炎の対策を食事で行う場合は、豚、牛、鶏レバー、うなぎ、わかめ、のり、緑茶、牛乳、卵、納豆、マグロ、かつお、ぎんなん、ピスタチオ、ニンニク、きなこ、玄米、青のり、乾燥シイタケなどがおすすめです。

これらの食材を積極的に食事に取り入れれば、上手くビタミンBを摂取できるので、舌炎が治りやすくなります。ストレスを溜め込まないようにして食生活を改善しましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク