【舌炎症】 痛い舌の口内炎の原因や治し方は?

口内炎

【舌炎症】は、舌がさまざまな要因で炎症をおこす症状であり、口内炎の一種になります。

広範囲に炎症をおこすことがあるので、はれや痛みが酷い場合、歯科などの治療が必要になってきます。

スポンサーリンク

舌炎症の原因や症状は?

舌炎症の原因や症状は、こちらの動画でチェック!



舌炎症の原因は、さまざまなものが考えられます。舌のやけど、誤って噛んでできた傷によるもの、慢性的な刺激などがあります。

また、ビタミンB2の不足や、貧血、胃腸疾患などの全身疾患も原因の1つで、服用している薬の副作用から、舌炎症になることもあります。ビタミンB2の不足が原因の場合、表面がツルツルになります。

胃腸の病気が原因の場合、ヒリヒリと痛みます。慢性化すると、大きくはれ上がることがあり、食事などに支障が出ることがあります。

舌炎症の治し方は?

口内炎

舌炎症の治し方は、まだ現代医学では、しつかりと治療法が確立されていません。特効となる治療法がないのが現状ですが、まず口の中を清潔にするよう指導し、症状が酷ければ、副腎皮質ホルモン剤を使用したり、レーザーで傷をふさぐなどの治療が施されます。

舌炎症にならないようにするには、普段から歯磨きやうがいなどを励行し、ビタミンをしっかり摂り、身体が疲労状態にならないようにすることが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加