【熱射病】 子供の症状や処置、対策ドリンクのレシピは?

熱射病

熱射病は高温多湿の環境下で、体温の調節ができなくなることが原因で引き起こされます。

熱射病の症状にはいろいろあり、めまいや立ちくらみ、頭痛や下痢、重症の場合は意識を失うこともあります。普段から意識して対策を行うことと、症状があらわれた時には迅速に処置を行うことが重要です。

スポンサーリンク

熱射病の子供の原因や症状は?

熱射病

暑い夏でも子供は外で元気いっぱい遊びます。しかし炎天下で直射日光を浴び続けることは、熱射病を引き起こす原因となり非常に危険です。

高温状態のとき体は汗を出すために末梢血管を拡張させ、ほてっている状態になります。大量に発汗すると、体内の水分と塩分が喪失します。その結果血液量が少なくなり、吐き気や嘔吐で呼吸は速く浅くなります。心拍数も多くなりぐったりします。

さらに悪化すると、意識を失ったり、熱けいれんを引き起こしたりします。

子供の熱射病対策について

熱射病

子供の熱射病対策としては、「直射日光の当たるところで長時間過ごさない」「外へ出るときには帽子をかぶる」などが挙げられます。

万が一気分が悪くなった時の処置としては、「すぐに日陰や風通しのよい涼しい場所で休む」「水分や塩分を補給する」などが挙げられます。

熱射病対策ドリンクのレシピは?

熱射病

水分は市販のイオン飲料でもいいですが、簡単な経口補水液のなら自分で作ることもできます。熱射病対策ドリンクの材料は水1リットル・塩小さじ1/2・砂糖大さじ4と1/2です。これらをしっかり溶けるまで混ぜれば、熱射病対策ドリンクの完成です!

熱射病対策のために、脱水の症状があらわれる前に、しっかりと水分・塩分の補給をしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加