【胃カメラ検査】 費用や麻酔、前日の食事での注意点は?

胃カメラ検査

胃や食道の粘膜を観察し、炎症や潰瘍などがないかを調べることができる胃カメラ。健康診断などで受けたことのある方も多いと思います。

ここでは、胃カメラ検査の費用や麻酔、前日の食事の注意点などをお話しします。

スポンサーリンク

胃カメラの検査費用・料金について

胃カメラ検査

胃カメラ検査に限らず、病院で何かしらの検査を受けるときに気になるのが検査費用ですよね。

胃カメラの検査費用・料金は健康保険で決まっているため、どこの病院でも同じ金額になります。ただし、処置内容などで金額が異なってきます。3割負担の場合、胃カメラ検査のみで5,000円前後になるようです。

胃カメラ検査が苦しい理由とは?

胃カメラ検査

胃カメラ検査は炎症や腫瘍を発見するために大切な検査ですが、「苦しい」「苦手」という方も多いと思います。胃カメラがなぜ苦しいのかというと、喉の反射でえづいてしまうからです。

胃カメラ検査で苦しい思いをしないためには、肩の力を抜くことが大事です。しかし「肩の力を抜いてください」と言われても難しいですよね。それは、胃カメラに対する不安や恐怖心があるからではないでしょうか?この不安や恐怖心をなくすためにも、胃カメラ検査で心配なことや疑問などはお医者さんや看護師さんに遠慮せずに聞くと良いでしょう。

胃カメラ検査は麻酔で楽になる?

胃カメラ検査

胃カメラ検査の際、ほとんどの場合は喉の局所麻酔を行います。この麻酔によって、えづかなくなるといわれています。ただし、緊張が強い方はえづいてしまうことも。このような方の場合は、軽い鎮静剤を点滴しながら検査するとかなり楽に検査ができるようです。

胃カメラ検査がどうしても心配・不安な方はお医者さんに相談してみるのも1つの方法だと思います。

前日の食事での注意点について

胃カメラ検査をする場合、前日の食事に注意する必要があります。胃の中に食べ物が残っていると十分に観察することができないため、【前日の夕食後】や【21時以降】は絶食になります。お水や白湯であれば当日でも飲んでも構わないようです。

胃もたれが強い方や、胃の手術をした方は夕食の食べ物が残りやすいため、検査前日の夕食は少なめにしておいてくださいね。胃カメラ検査の費用や前日の食事の注意点、ぜひ参考になさってください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク