胃カメラ検査でわかることは? 検査方法や食事について

胃カメラ検査

食道・胃・十二指腸部分の状態を確認するために行われる胃カメラ検査

ここでは、胃カメラ検査でわかる病気や検査方法、麻酔と鎮静剤の違い、検査前後の食事についてお話しします。

スポンサーリンク

胃カメラ検査でわかることは?

胃カメラ検査

胃カメラ検査は正式には「上部消化管内視鏡検査」といい、食道や胃、十二指腸部分を検査する方法です。胃カメラ検査でわかることは、以下の病気の原因があるかどうかです。

・胃炎
・胃潰瘍
・胃がん
・食道炎
・食道潰瘍
・食道静脈瘤
・十二指腸潰瘍

胃カメラの検査方法について

胃カメラ検査

胃カメラの検査方法は、柔らかい管の先端に取り付けられている内視鏡カメラを口、または鼻から少しずつ挿入し、食道・胃・十二指腸部分の状態を確認するというものです。

胃カメラというと経口方式を思い浮かべる方も多いと思いますが、カメラの小型化が進んでいるため経鼻方式で検査をすることも多くなっています。

麻酔と鎮静剤の違いについて

胃カメラ検査

胃カメラ検査では麻酔や鎮静剤を使用することがありますが、麻酔や鎮静剤と聞くと心配になる方もいらっしゃるでしょう。麻酔と鎮静剤の違いは何でしょうか?

胃カメラの際の麻酔は、喉や食道を胃カメラが通過するときの痛みを和らげるためにシロップ剤やスプレー剤で行います。もう一方の、鎮静剤の注射は 胃の動きを抑えるために行います。

心臓病や狭心症、緑内障、前立腺肥大症などの持病がある場合は鎮静剤の注射を行うことができませんので、ご注意ください。

前日・当日・検査後の食事について

ご存知の方も多いでしょうが、胃カメラ検査を行う場合、前日の21時以降の飲食は禁止となります。これは、胃の中に食べ物が残っていると胃の確認が難しくなり、嘔吐が発症につながりやすくなるからです。お薬の服用も原則禁止となりますので、毎日服用しているお薬がある場合はお医者さんに相談してくださいね。

胃カメラ検査当日も、検査が終わるまで飲食は禁止です。

検査終了後は「すぐに何か食べたい!!」と思われるかもしれませんが、2~3時間程度の間隔を空けてから食事を摂るようにしましょう。また、組織の採取を行った場合は、刺激物やアルコールは控えてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加