舌が痛い!!先や横がピリピリする原因や解消法は?

舌 痛み

舌が痛くて先や横がピリピリするのは、【舌痛症】が考えられます。

舌の先や側面の部分がピリピリと痛むような症状が現れます。痛い部分は、赤く腫れていたり、小さなブツブツの炎症ができていたりします。

ここでは、舌痛症の原因や症状、解消法をご紹介します。

スポンサーリンク

舌痛症の原因について

舌 痛み

舌痛症の原因は、栄養不足も考えられます。栄養が偏って舌の粘膜が弱くなると、舌先の粘膜の抵抗力がなくなり、炎症を起こしてしまうのです。

また、舌痛症は、舌先が歯の先端や裏側に擦れることで起きます。物理的な原因で起こります。たとえば、歯並びが悪かったり、物を噛む時に舌の先が歯に擦れることで、ピリピリします。

舌痛症の解消法について

舌 痛み

舌が痛くて先や横がピリピリする時は、舌の粘膜が弱っているので、早めに処置しないといけません。放置すると、細菌が感染して、潰瘍ができることがあります。舌痛症は、体の抵抗力が落ちている時に起こりやすく、ビタミン不足が懸念されます。

舌痛症の解消法としては、静養を心掛け、ビタミンB2を多く摂ることです。ビタミンB2には、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

口の中を清潔に保つことも大事なので、口腔洗浄液を用いて、口の中を殺菌します。舌の粘膜を保護することで、症状を改善することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク