【手足口病】 大人の初期症状や治療法は?

手足口病の初期症状

手足口病は、ヘルパンギーナと並び子供の最もかかりやすい病気として有名ですが、近年では子供を介して大人にもかかりやすい病気の一つであることはご存知でしょうか。

子供よりも、大人がかかると重症化しやすく40度の熱が出ることもあり、注意が必要とされています。

スポンサーリンク

手足口病の大人の初期症状は?

手足口病

手足口病の大人の初期症状としては、微熱が続き、手足よりも口の中に口内炎ができることが多く、3割の人が40度近くの熱を出すと言われています。風邪の初期症状とも似ていることから、間違えるケースもありますが口内炎が長く続くと水分がうまく取れずに脱水症状を起こすこともあります。

そのうちに手や足、口の中や周りなどに水泡ができますが、子供はさほど痛く感じないのに対して、大人はかなり痛みが強くなるようで、中には足の裏にできた水泡があまりに痛くて歩けなくなるケースもあるようです。

手足口病の治療法について

手足口病の治療法

手足口病には、ワクチンや予防のための抗ウィルス剤などは存在せず、自然治癒が一般的な治療法です。大人しく安静にして、症状が落ち着くのを待つだけが最も良い治療法なのです。

熱が高い場合などは、解熱剤や発疹の炎症を抑えるために抗生剤が処方されることもありますが、基本的には治療法はないので、もしかかったと思ったらなるべく自宅で大人しくして病魔が去るのを待つことをしかないでしょう。

手足口病の予防法はコレ!

手足口病

手足口病の予防方法としては、インフルエンザや普通の風邪と同じく手洗いやうがいを徹底することです。

初期症状が風邪でないと判断できたのなら、神様がくれた休息日だと思って、せめて数日は安静にすることが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク