【手足口病】 子供の初期症状とは? 保育園の登園はいつから行ける?

手足口病の症状

幼稚園や保育園等の幼児が集まる場所で流行する病気に手足口病があります。

この病気は夏によくみられるウイルス感染症の1つで、感染する年齢は5歳以下の幼児が90%を占めています。手足口病の感染経路と初期症状についてみていきましょう。

スポンサーリンク

手足口病の子供の初期症状は?

手足口病

手足口病の初期症状は、口の中にできる白いブツブツした水疱と痛み、痒みです。38度以上の高熱を出す事はありません。子供が口の中を痛がったり食事を嫌がったりした場合は、口の中を見てみましょう。手のひらや足の裏、手足の指の間にも白い水疱ができます。

口の中の水疱は痛みや痒みを伴いますが、手と足の水疱には痛み等が殆どありません。このような初期症状が出てから1週間程度で症状は治まります。

手足口病の感染経路について

手足口病に感染

感染経路としては登園した保育園や幼稚園での咳やくしゃみによる飛沫感染、咳やくしゃみがついた場所を手で触れることによる接触感染があります。

手足口病に感染した幼児の便にはウイルスがいますから、手洗いが不十分ですと感染する可能性があります。

保育園の登園はいつから行ける?

手足口病

症状が治まってくると「いつから登園すればよいか?」ということになります。学校保健安全法に定められた感染症の中に手足口病は該当していないので、【登園を停止する決まり】はありません。

しかし、熱や痛みが伴う状態での登園は、幼児にとって負担が大きいものになりますから水疱等の症状が治まるまでゆっくり休ませてあげましょう。熱やブツブツが治まってきたら登園させて下さい。

夏に流行する感染症ではありますが、よく似た感染症もありますので症状が治まらないような場合は診察を受けて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加