舌にできもの痛い!! 白い場合や赤い場合は?

舌の痛み

舌に違和感があったり、痛みを感じるようであれば、舌の色をチェックしてみてください!

ここでは、舌のできものが白い時と赤い時の症状についてご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

舌のできものが痛い時について

舌

舌にできものができて痛い時があります。その際、色の違いで症状が判断できます。

舌のできものが白い場合は?

舌苔

舌の色が白い場合は、【舌苔】が考えられます。表面が白っぽくなる現象で、舌に薄くて白い苔状の膜が付着します。細菌や食べかすが原因であることが多いのですが、体調が悪くなったりするとなることもあります。舌苔の場合、病気ではありません。

舌が白くて、できものが出来ている場合、【扁平苔癬】が考えられます。舌の表面に板状や斑状の白い病変ができるもので、大きくなっていきます。舌の両側に発症したり、頬の粘膜に見られることが多い症状です。

【白斑症】という、色素をつくる細胞に異常をきたす病気も考えられますが、原因ははっきりしていません。

舌のできものが赤い場合は?

舌

舌のできものが赤い場合は、【口腔扁平苔癬】が疑われます。粘膜が発赤した部分にレース状の粘膜の角化が起こります。食事の際、刺激物や塩分が浸みたり、痛みが出ます。

また、【赤板症】も考えられます。これは舌粘膜が赤くなる症状で、舌表面は平坦で滑らかな形状なのが普通なのですが、顆粒状の盛り上がりや平板状の隆起、潰瘍が見られるケースもあります。潰瘍ができている場合は癌化する可能性が高いので、注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク