【夏風邪2015】 子供の咳が長引く場合の原因と対処法は?

子供 夏風邪

子供がどこからか風邪をもらってきた!子供が集団生活をしている場合は、よくあることですよね。 今回は子供の夏風邪2015についてお話しします。

スポンサーリンク

子供の夏風邪2015の特徴は?

子供 夏風邪

夏風邪はその年によって多少の症状の違いはありますが、大きく症状が変わることはほぼありません。そのため、子供の夏風邪2015の症状も、38度以上の高熱や腹痛・下痢といった症状があらわれることがほとんどでしょう。また、咳が出る場合もあります。

アデノウイルスやエンテロウイルス、コクサッキーウイルスが子供の夏風邪の主な原因で、これらのウイルスが「プール熱」、「手足口病」、「ヘルパンギーナ」を引き起こします。

子供の咳が長引く場合や高熱が出たときの対処法、夏風邪の予防法は続きでチェック!!

子供の咳が長引く場合の原因は?

子供 夏風邪

子供の咳が長引く場合は、【アデノウイルス】や【エンテロウイルス】が原因の夏風邪かもしれません。これらのウイルスを外に出そうとするために咳が出ます。

夏風邪の咳には、残念ながら咳止めなどの薬はあまり効果がありません。咳が長引いて子供が辛そうな場合は、蜂蜜を使ったジュースなどをあげると良いでしょう。ただし、子供が1歳未満の場合は蜂蜜の使用はやめてくださいね!

高熱が出た場合の対処法はこれ!

子供 夏風邪

もしも夏風邪にかかってしまって高熱が出た場合は、こまめに水分補給をさせましょう。スポーツドリンクや経口補水液を常備しておくと、いざというときに慌てなくていいですよ。

また、口の中や喉に痛みがあると、子供が食事を嫌がる場合も。そんなときは、ゼリーやアイスをあげるのも1つの方法です。

高熱が出た場合は大量の汗をかくので、着替えもこまめに行ってくださいね。トイレや洗面所のタオルがウイルスの染経路となって家族に感染してしまうこともありますので、タオルも頻繁に交換することをおすすめします。

今年の夏風邪の予防法について

子供 夏風邪

夏風邪を予防するには、冬の風邪と同じで「うがい・手洗い」が大切です。外から帰ってきたときはもちろん、トイレの後や食事の前にも忘れずに手を洗うようにしましょう。

「もしかして夏風邪かな?」と思ったら、早めに病院へ行って診察を受けてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク