今年の夏風邪の症状や特徴は? 咳や微熱に要注意!

子供 夏風邪

いよいよ夏本番!!「2015年の夏もいっぱい楽しむぞ~!!」と思っていたら、何だか調子が悪い…という方、もしかしたらそれは夏風邪かも!?

ここでは、夏風邪2015の症状や特徴などについてご紹介しています。

スポンサーリンク

今年の夏風邪の症状や特徴は?

子供 夏風邪

夏風邪の症状は、夏の暑さと湿気を好むウイルスが体内に入り込んで増殖することにより起こります。今年の夏風邪にはいったいどんな症状や特徴があるのでしょうか。

夏風邪2015の症状・特徴は例年と大きく変わってはおらず、微熱や咳などの症状があります。また、腹痛や下痢を伴う場合もあります。これらの症状は、私たちの身体がウイルスとたたかい、ウイルスを体外に排出しようとするために起こります。

夏風邪の前兆として、喉の違和感や寒気・だるさなどあることが多いようです。

夏風邪2015の咳や鼻水について

子供 夏風邪

夏風邪で咳や鼻水がでることがあります。

夏風邪の原因となるウイルスには、【アデノウイルス】や【エンテロウイルス】【コクサッキーウイルス】が有名ですが、その中でもアデノウイルスは激しい咳や喉の痛みなどの症状があります。

冬の風邪と同じように、二次感染を防ぐためにマスクを着用すると良いでしょう。

微熱が続くのは夏風邪が原因!?

子供 夏風邪

微熱が続く場合も夏風邪が原因かもしれません。

コクサッキーウイルスの一種が原因で、主に小さな子供が発症するといわれている「手足口病」は手、足、口などに小さな赤い発疹ができるほか、微熱が続くという特徴があります。大人がかかると発熱は微熱程度が多いですが、中には高熱が出るケースもあります。

微熱だと病院を受診するのもためらわれるかもしれませんが、子供の場合は髄膜炎を併発する可能性もあるので、微熱が続く場合は早めに病院で診てもらった方が良いでしょう。

では、夏風邪を予防するにはどうすればいいのでしょうか。

夏風邪2015を予防法するなら…

子供 夏風邪

夏風邪2015の予防法はこちら!!

◇規則正しい生活を心がけ、栄養と休息をしっかり摂って免疫力を高める
◇免疫力の低下や体調不良の原因になるので、エアコンを使いすぎない
◇かえって症状が長引く原因になるので、解熱剤や下痢止めを使うときは慎重に!
◇熱がひどくないときはお風呂に入って、ウイルスを洗い流す

夏風邪の症状や予防法、ぜひ参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク