子供の熱を下げる方法は? 冷やす場所はココ♪

子供 熱

子供が熱を出したときむやみに冷やしても逆効果になることがあります。まず子供の状態を確認することから始めましょう。それは、熱がある状態で悪寒がしているかどうかです。

スポンサーリンク

子供の熱を下げる方法は?

子供 熱

悪寒がする場合の対処方法は冷やさずに暖めてあげることです。

この時、無理に暖めて汗をかかせようとする必要はありませんが、風邪を引いたときの発熱には「ウイルスを死滅させること」と「免疫力を高める」という理由があり、冷やしてしまうと治りが遅くなってしまいます。

ただし、汗をかいているときには【脱水症状】を起こす可能性があるので水分をしっかりと摂らせてください。

熱の時に冷やす場所は?

子供 熱

悪寒が治まり、子供が暑がり出した場合には【熱が上がりきったサイン】ですので 冷やしてあげましょう。薄着に変えたり、布団を薄くし手足を外に出すことや氷嚢をタオルでくるんで冷やしてください。

具体的な冷やす場所は、脇、太もものつけ根、首の後ろが効果的です。これらの場所には太い血管が通っているので体全体を効率よく冷やすことができます。

逆におでこはあまり効果がないので体内の熱を放出させるためにも何もしないでおく方がよいです。これらの方法の以外に熱さましなどの薬を使うのは子供が熱で寝られない時や水分をとれていない時を目安にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク