【熱中症】 頭痛や吐き気がする場合の治し方や対処法は?

熱中症

暑い時期になると「熱中症」が心配ですよね。

ここでは、熱中症の症状や対処法・予防法などをご紹介しています。

スポンサーリンク

熱中症の症状について

熱中症

「熱中症により救急搬送」というニュースを耳にすることも多いですから、皆さん 熱中症に気をつけていらっしゃると思います。

熱中症と一言で言っても、熱疲労・熱失神・熱けいれん・熱射病といった種類があり、もっとも死亡率が高い【熱射病】は、ただちに救急車を呼ぶ必要があります。

熱中症

熱中症の種類別の症状はこちら!!

◇熱疲労
頭が重い、頭痛、吐き気、倦怠感、脱力感などの症状があります。進行するとめまいや耳鳴り、顔面蒼白や冷汗などもあらわれます。

◇熱失神
失神をはじめ、口唇の痺れや顔面蒼白、めまい・立ち眩みのほか呼吸回数が増えるといった症状があらわれます。

◇熱けいれん
身体の各部に痛みを伴う筋れん縮・けいれんなどが起こるほか、めまいや頭痛、吐き気・嘔吐、腹痛などの症状があります。

◇熱射病
発汗が見られなくなる、体温が40℃以上に上昇する、吐き気や頭痛、言動がおかしくなるなどのほか、意識を失う場合も!!

続きでは「熱中症による頭痛や吐き気の治し方」や「熱中症の対処法・予防法」についてお話ししていきますね。

頭痛や吐き気の治し方は?

熱中症

熱中症による頭痛や吐き気が起こってしまった場合は、日陰などの涼しい場所で衣服をゆるめて楽な姿勢をとりましょう。

また、スポーツドリンクなどナトリウムが入った飲み物を少しずつ補給してください。嘔吐がある場合は無理に飲んだり、飲ませたりしないでくださいね。

熱中症の対処法・予防法は?

熱中症

「熱中症になってしまったかもしれない」と思ったら、日陰やクーラーの効いた涼しい場所に移動し、衣服をゆるめて休みましょう。また、体を冷やしたり、スポーツドリンクなどで水分補給をすることも重要です。

熱中症を予防するには「こまめに水分補給をする」、「服装に気をつける」といったことを心がけましょう。「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報をチェックしておくと良いですね。

体調が良くないときは日中の外出や運動を控えることも熱中症の予防につながります。お子さんや高齢者は熱中症になりやすいので、特に気をつけましょう。

死に至る場合もある【熱中症】。「自分は大丈夫!」などと思わずに、しっかりと熱中症対策をしましょうね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加