コーヒーで胃もたれする原因は? 解消法はコレ!

胃もたれ

「コーヒーを飲んで胃もたれを起こした」という経験のある方は多いと思います。

ここでは、「コーヒーで胃もたれする原因」や「コーヒーで胃もたれが起こるのを解消する方法」をご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーで胃もたれする原因は?

胃もたれ

コーヒーを飲むと胃もたれすることがありますが、どうしてでしょうか?

これはコーヒーに含まれている【カフェイン】が1つの原因です。カフェインには胃酸の分泌を促す働きがあるため、胃酸で胃の粘膜が荒れてしまい、その結果、胃もたれにつながります。空腹時や胃の調子が悪い時はコーヒーを飲むのは控えた方が良いでしょう。

コーヒーが胃もたれの予防になる!?

胃もたれ

では、コーヒーは飲まない方が良いのでしょうか?

そもそも胃もたれとは、胃の運動機能の低下や胃酸の分泌量低下によって、食べ物の消化や消化したものの排出がスムーズに行われなくなり、胃の中に留まってしまうことで起こります。
このため、コーヒーを食後に飲むことによって胃酸が分泌されて消化が進み、胃もたれの予防になるといわれています。

胃もたれを起こすか予防になるかは、コーヒーを飲むタイミングが重要ということですね♪

胃もたれの解消法はコレ!

胃もたれ

「胃もたれを起こしやすいけれど、コーヒーが大好き♪」「朝一番のコーヒーが最高!!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、胃もたれを起こしてしまってはせっかくのおいしいコーヒーも台無しです。そこで、胃もたれの解消・予防法をご紹介します。

まず1つは「空腹時にコーヒーを飲まず、胃の中に何か食べ物が入っている状態でコーヒーを飲むようにする」こと。もう1つは「ミルクを多めにいれる・コーヒーを薄めるなどカフェインの摂取量を減らす」ことです。

どちらも難しいことではありませんので、コーヒーを飲んで胃もたれを起こしやすい方はぜひ試してみてくださいね。

胃もたれ

朝、気合を入れたいときや、ほっと一息つきたいときにピッタリのコーヒーですが、【胃の調子】や【飲むタイミング】によっては胃もたれを起こしてしまう可能性があります。胃もたれはとても不快ですから、できれば起こしたくないですよね。

こちらのコーヒーで胃もたれする原因や解消法を参考に 胃もたれを起こさず、コーヒーを楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク