大腸カメラ検査は痛い? 費用や流れについて

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査=大腸カメラ検査では、大腸の状態を確認することができます。大腸カメラ検査は肛門から内視鏡を挿入するので、検査に抵抗がある方もおられるかもしれませんね。

ここでは、大腸カメラ検査の流れや費用などについてご紹介しています。

スポンサーリンク

大腸カメラ検査は痛い?

大腸内視鏡検査

大腸カメラ検査は肛門から内視鏡を挿入して大腸の状態を確認し、大腸の疾患全般の発見に効果的な検査方法です。ポリープが見つかった場合は、その場で切除することもできます。

大腸カメラ検査は肛門から内視鏡を挿入するということで、痛みが気になる方も多いと思います。大腸カメラ検査が痛いかどうかは医師の腕によるところも大きいようですが、腸のカーブ部分に内視鏡が当たると痛みを感じるようです。どちらかというと、痛みよりも恥ずかしさの方が大きいかもしれませんね。

肛門の部分だけが開くようになっている「検査用パンツ」がありますので、お尻を出すことに抵抗がある方はお医者さんに相談してみるといいでしょう。

大腸カメラでわかる病気はこれ

大腸内視鏡検査

では、大腸カメラ検査でどのような病気を発見することができるのでしょうか。

大腸カメラ検査を行うことにより、
●大腸がん
●大腸ポリープ
●潰瘍性大腸炎
●痔核
●クローン病 などを発見することができます。

後半では、大腸カメラ検査の流れや費用についてお話しします。

大腸カメラ検査の流れについて

大腸カメラ検査の大まかな流れはこちら!!

大腸内視鏡検査

◇前処置
来院前に自宅で前処置薬を服用します。

◇受付
受付をすませ、問診の確認などを行ったあと、検査着に着替えます。

◇前処置
検査の前に腸の働きを抑える注射や睡眠導入剤を注射します。

◇検査
検査を行います。大腸内にポリープが無い場合は15分程度で終わります。

◇結果の説明
服を着替えたあと、検査結果の説明があります。

※病院によって、検査前後の処置方法が違う場合があります。

大腸内視鏡検査の費用は?

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査を受けるとなると気になるのが費用ですよね。

大腸内視鏡検査の費用は、大腸内視鏡検査のみの場合は約5,000円~10,000円、ポリープ切除ありの場合は約20,000~30,000円、組織を採取して検査する場合は約9,000円~15,000円となっています。ご紹介した金額はすべて3割負担の場合のものです。

大腸内視鏡検査=大腸カメラ検査を受ける方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク