【結膜炎】 子供の場合の症状は? 原因は疲れや風邪かも?

結膜炎

子供の目が赤い!!これってもしかして結膜炎!?

ここでは、子供の結膜炎の原因や症状、対処&予防法をご紹介しています。

スポンサーリンク

子供の結膜炎の症状は?

結膜炎

【結膜炎】とは、まぶたと眼球を結びつける粘膜である結膜に炎症が起こる病気です。
結膜炎にはいくつか種類がありますが、大きく分けると「ウイルス性結膜炎」、「細菌性結膜炎」、「アレルギー性結膜炎」の3種類となります。

子供が結膜炎になった場合は、大人の結膜炎と同様に目の充血や目やになどの症状が表れます。このほか、ウイルス性結膜炎では発熱、喉の痛みや咳、鼻づまり、目の痛みなどの症状が出ることも。アレルギー性結膜炎では目のかゆみや瞼の腫れが起こることもあります。

疲れが原因の結膜炎とは?

結膜炎

結膜炎の主な原因はウイルスや細菌、花粉などですが、ほかにも【疲れ】や【ストレス】が結膜炎を引き起こす場合があります。

疲れによって直接結膜炎になるわけではありませんが、疲れが身体の免疫力が低下させてしまいます。すると、ウイルスや細菌が体内に侵入・増殖しやすくなってしまい、結膜炎を引き起こすことも十分に考えられます。

風邪が原因で結膜炎に!!

結膜炎

疲れやストレスのほかに、【風邪】が原因で結膜炎になることもあります。

涙は鼻涙管というところを通って鼻腔に流れていきますが、風邪により鼻涙管の通りが悪くなると目に涙が溜まります。夜に溜まった涙が乾いて そこにバイ菌がつくことにより、細菌性の結膜炎になる場合もあります。

結膜炎の対処&予防法はコレ

結膜炎

結膜炎の対処&予防には、清潔が第一です。アレルギー性結膜炎は感染しませんが、細菌性やウイルス性の結膜炎は感染しますので注意が必要です。

もしも結膜炎になってしまったら、よく手を洗うようにし、タオルやハンカチなどは別のものを使いましょう。お風呂は結膜炎になっている人が最後に入り、枕カバーや衣類などの洗濯も別にすると感染の予防に効果的です。

結膜炎にならないようにするためには、外から帰った時などにしっかりと【手洗い】をするように習慣づけると良いでしょう。うがいもセットでするようにすると、風邪などの予防にも効果的ですよ。

結膜炎

子供が結膜炎になると、目やにやかゆみが気になって無意識のうちに目を触ってしまいがちです。そうなると治るのに時間がかかることもあります。症状が悪化してからでは子供も辛いですし、ママやパパもお世話が大変になります。

目の充血や目やになどが気になった時は、早めに眼科や小児科を受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク