【結膜炎】 目薬でも治らない時の対処法は?

結膜炎

目やにが出たり、目が充血したりする「結膜炎」

結膜炎が治るまでにかかる期間は、細菌性結膜炎で数日、ウイルス性結膜炎で2~3週間ほどですが、結膜炎がなかなか治らない場合もあります。これはなぜでしょうか。

ここでは、目薬で結膜炎が治らない原因や対処法をご紹介しています。

スポンサーリンク

結膜炎が治らないのはナゼ?

結膜炎

「結膜炎がなかなか治らない」とお悩みの方もいらっしゃると思います。それはもしかしたら通年性のアレルギー性結膜炎の可能性があります。アレルギー性結膜炎というと花粉の季節を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

花粉の季節など1年のうちの特定の時期だけに発症するのが「季節性アレルギー性結膜炎」で、これに対し1年を通して起こるのが通年性アレルギー性結膜炎です。どちらのアレルギー性結膜炎も、目のかゆみや充血などの症状がみられます。

続きでは、通年性アレルギー性結膜炎の原因や対処法についてお話ししていきます。

通年性の結膜炎の原因は?

結膜炎

季節性アレルギー性結膜炎はスギやヒノキなどの【花粉】が主な原因ですが、通年性アレルギー性結膜炎は【ハウスダスト】や【ダニ】などが主な原因です。ネコやイヌの抜け毛、フケ、カビなども原因となる場合があります。

季節性、通年性ともに、治療には主に目薬が用いられます。

目薬でも治らない時の対処法は?

結膜炎

目薬をさしても結膜炎が治らない時は、次の方法で目のかゆみを和らげることができます。

◇冷たいタオルや、タオルを巻いた保冷剤などで冷やす

◇人工涙液などで抗原を洗い流してから、目薬を使用する

(ただし、1回使い切りタイプの点眼薬は液が残っていても開封したら捨てましょう。また、防腐剤の入った人工涙液は避けてください。このほか、「水道水での洗眼」や「市販の目洗浄カップ液の使用」は、刺激やアレルギーの原因になることもあります。水道水での洗眼は避け、市販の目洗浄カップ液を使用する場合は、医師に相談してくださいね。)

目がかゆいのは辛いですが、目をこすったり叩いたりしてしまうと、別の病気になってしまう可能性もあるので、とにかくこすったりしないようにしましょう。

結膜炎

通年性のアレルギー性結膜炎の対策には、室内の掃除や布団の洗濯が効果的です。また、空気清浄機を積極的に使用することもオススメ!! 結膜炎がなかなか治らず「通年性アレルギー性結膜炎」と思われる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加