赤ちゃんや幼児でも ものもらいはうつる? 予防法は?

ものもらい

赤く腫れたり、小さなしこりができたりする「ものもらい」。
この「ものもらい」は赤ちゃんや幼児にもうつるのでしょうか?まだ小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では心配になりますよね。

ここでは、「ものもらい」についてお話ししています。

スポンサーリンク

「ものもらい」の原因について

ものもらい

「ものもらい」には、【麦粒腫】と【霰粒腫】の2種類があります。

麦粒腫は、誰の肌にも普通に存在する菌が増えすぎたり 免疫力が低下した時に感染して起こります。一方の霰粒腫は、涙の油を出すマイボーム腺が詰まってしまうことが原因です。

赤ちゃんや幼児にもうつる?

ものもらい

「ものもらい」という名前はいかにも人から人へ感染しそうですが、実際はどうなのでしょうか。麦粒腫も霰粒腫も人から人へうつることはありません。健康の状態であれば、空気感染や接触感染する心配はありませんのでご安心くださいね。

しかし、赤ちゃんや幼児、大人に関係なく、風邪をひいていたり疲れているなど免疫力が低下しているときは ものもらいになりやすくなります。また、ストレスを抱えているときや大きな環境の変化があったとき、目や目元に傷ができているときも注意が必要です。

ものもらいの症状とは?

ものもらい

「ものもらい」は麦粒腫なのか霰粒腫なのかで症状が異なります。

【麦粒腫】の場合、主にまつ毛の根元あたりのまぶたの一部が赤く腫れて痒みを感じ、次第に痛みを伴うようになります。同じ側の耳たぶの付け根のリンパ節が腫れることも。また、「目の充血」や「まばたきをすると目が痛い」、「ゴロゴロする」といった症状がでる場合もあり、炎症が強くなってくると赤みや腫れ、痛みが強くなります。化膿が進むと、腫れた部分が自然に破れて膿が出ることがありますが、膿が出てしまえば症状は回復していきます。

【霰粒腫】の場合はまぶたに小さなしこりができますが、通常であれば痛みはありません。しかし、細菌に感染してしまった場合はまぶたが赤く腫れて、痛みを伴うことも。

続きでは、ものもらいの予防法についてお話ししていきます。

ものもらいの予防法はこれ!

ものもらい

ものもらいを予防するためには、まず目の周りを清潔に保つことが一番です。メイクはしっかりと落とし、コンタクトレンズはきちんと清潔に管理しましょう。

また、子供であれば手洗いなどで手や爪を清潔に保ち、前髪が目にかからないようにしてあげると良いでしょう。そして、体調管理も重要です。規則正しい生活・バランスのとれた食事を心がけてくださいね。

ものもらい

もしも、ものもらいになってしまったら、赤ちゃんや幼児にうつらないよう、お世話をする前に手を洗い、別々のタオルを使うようにしましょう。できるのであれば、布団や枕カバーを毎日洗濯するのも効果的です。ものもらいができると気になって触ってしまいがちですが、なるべく触らないようにしましょう。

今回は「ものもらい」について、お話ししました。ものもらいはうつりませんのであまり神経質にならなくても大丈夫ですが、赤ちゃんや幼児など家族の体調が悪い時などは注意しましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加