緑内障の初期症状とは? 見え方や進行を止める方法はこれ!

緑内障

視野が欠ける・狭くなるなどの症状のほか、症状が進行すると失明する可能性もある「緑内障」。怖い病気の1つである緑内障の進行を止める方法はあるのでしょうか。

ここでは、緑内障の初期症状や見え方、進行を止める方法などについてお話ししています。

スポンサーリンク

緑内障の初期症状とは?

緑内障

緑内障は失明する可能性もある病気ですから、早期発見が大切です。

緑内障には視力の低下、目の疲労感、肩こりや頭痛などの初期症状があらわれることがあります。急性型の緑内障の場合は、光るものを見たときに周囲に虹がかかったように見える場合があります。

緑内障になる原因は?

緑内障

緑内障は、房水が上手く排出されずに眼圧が高くなってしまうことが原因です。

生まれつき眼圧が高い「先天性緑内障」や青年期に症状があらわれる「発達性緑内障」、目の怪我や病気が原因で起こる「続発性緑内障」や病気の影響で起こる「糖尿病網膜症」などは直接的な原因がわかる緑内障です。

しかし、なぜ眼圧が高くなったのか正確な原因が分からないケースも多く、これを「原発性緑内障」とよびます。原発性緑内障は、症状が進むと「慢性型」、「急性型」、「正常眼圧型」に分かれます。

緑内障の見え方について

緑内障

緑内障には「視野が欠ける」、「視野が狭くなる」、「視力が低下する」などの症状があり、鼻側から欠けることが多いようです。

一般的に緑内障は自覚症状がほとんどありません。見え方に違和感があると気付いたときには、症状がかなり進行しています。片目ずつ、視野の一部が欠けていないか、視野に何も映らない黒い点がないかどうか見え方のチェックをするようにしましょう。

進行を止める方法は?

緑内障

緑内障の治療には、まず目薬(点眼薬)が用いられます。しかし、緑内障の進行を完全にとめることは難しいです。目薬や内服薬で効果が得られない場合は、【レーザー治療】や【手術】などが行われます。

緑内障は進行を完全に止めることができないため、早期発見が重要となります。眼科で定期的な検査を受けると良いでしょう。

緑内障

また、糖分の摂りすぎやストレス、眼精疲労、運動不足などの生活習慣と何らかの関係があると考えられています。生活習慣の見直しのほか、ルテインやカシスなどの栄養補助食品の利用も緑内障の予防に良いそうです。

失明の可能性もある怖い病気「緑内障」の早期発見・予防のための参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加