ものもらいの初期症状! 上まぶた・下まぶたで原因が変わる?

ものもらい

眼の代表的な病気である「ものもらい」。上まぶたにできる場合と下まぶたにできる場合がありますが、何が違うのでしょうか。

ここでは、ものもらいの初期症状や上まぶた・下まぶたにできる原因と治療法についてご紹介しています。

スポンサーリンク

ものもらいの初期症状とは?

ものもらい

ものもらいには「麦粒腫」と「霰粒腫」の2種類があります。

ものもらいの初期症状としては、麦粒腫の場合、初期には主にまつ毛の根元あたりのまぶたの一部が赤く腫れ、かゆみを感じます。霰粒腫の場合は、まぶたに小さなしこりを感じます。

上まぶたの原因と治療法について

ものもらい

ものもらいには2種類あるとお話ししましたが、麦粒腫・霰粒腫ともに上まぶたにできる可能性があります。

そもそも【麦粒腫】は、まぶたにある脂や汗の分泌腺や毛穴に細菌が入ることによって起こります。この細菌は私たちの肌に存在しており、免疫力が勝っているときは発症しませんが、風邪や疲れなどにより免疫力が低下していると麦粒腫にかかりやすくなってしまいます。麦粒腫の治療には、抗菌作用のある点眼薬や軟膏が用いられます。場合によっては内服薬を処方されることも。

ものもらい

一方の【霰粒腫】は、脂の成分を出すマイボーム腺が詰まって炎症が起こります。霰粒腫は毎日数回、温湿布を貼ることで特に治療を必要とせず治る場合もあるようです。しかし、細菌感染してしまうとまぶたが赤く腫れて、痛みを伴うことがありますので、眼科を受診するほうが良いでしょう。しこりが大きくなって角膜が圧迫される可能性があるようであれば、手術で切開したり注射器で吸い取るなどの方法がとられるようです。

下まぶたの原因と治療法はこれ!

ものもらい

では、下まぶたに ものもらいができた場合はどうなのでしょうか。

下まぶたも麦粒腫・霰粒腫ともにできる可能性があります。原因や治療法は、上まぶたにできた場合と同じです。

ものもらいの予防法について

ものもらい

上まぶた・下まぶたともにものもらいの予防には、「アイメイクはきちんと落とす」「汚れた手で目を触らない」「コンタクトレンズは清潔に管理する」など、目の周りを清潔に保つことが大切です。

また、バランスの良い食事と十分な睡眠をとって免疫力が低下しないようにしましょう。
ストレスも免疫力の低下を引き起こす原因となりますので、ストレスを溜めこまないよう心掛けてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加