ものもらいの初期症状! 上まぶた・下まぶたで原因が変わる?

ものもらい

眼の代表的な病気である「ものもらい」。上まぶたにできる場合と下まぶたにできる場合がありますが、何が違うのでしょうか。

ここでは、ものもらいの初期症状や上まぶた・下まぶたにできる原因と治療法についてご紹介しています。

スポンサーリンク

ものもらいの初期症状とは?

ものもらい

ものもらいには「麦粒腫」と「霰粒腫」の2種類があります。

ものもらいの初期症状としては、麦粒腫の場合、初期には主にまつ毛の根元あたりのまぶたの一部が赤く腫れ、かゆみを感じます。霰粒腫の場合は、まぶたに小さなしこりを感じます。

上まぶたの原因と治療法について

ものもらい

ものもらいには2種類あるとお話ししましたが、麦粒腫・霰粒腫ともに上まぶたにできる可能性があります。

そもそも【麦粒腫】は、まぶたにある脂や汗の分泌腺や毛穴に細菌が入ることによって起こります。この細菌は私たちの肌に存在しており、免疫力が勝っているときは発症しませんが、風邪や疲れなどにより免疫力が低下していると麦粒腫にかかりやすくなってしまいます。

麦粒腫の治療には、抗菌作用のある点眼薬や軟膏が用いられます。場合によっては内服薬を処方されることも。

ものもらい

一方の【霰粒腫】は、脂の成分を出すマイボーム腺が詰まって炎症が起こります。霰粒腫は毎日数回、温湿布を貼ることで特に治療を必要とせず治る場合もあるようです。

しかし、細菌感染してしまうとまぶたが赤く腫れて、痛みを伴うことがありますので、眼科を受診するほうが良いでしょう。しこりが大きくなって角膜が圧迫される可能性があるようであれば、手術で切開したり注射器で吸い取るなどの方法がとられるようです。

下まぶたの原因と治療法はこれ!

ものもらい

では、下まぶたに ものもらいができた場合はどうなのでしょうか。

下まぶたも麦粒腫・霰粒腫ともにできる可能性があります。原因や治療法は、上まぶたにできた場合と同じです。

ものもらいを早く治す方法について

ものもらい 治し方

ものもらいを早く治す方法はやっぱり病院に行くことです。ただ病院に行くまでにかゆみがひどくてどうにかしたいという時は冷やしたタオルを患部に当てると幾分マシになりますよ。ですがいくらかゆいといっても絶対に目をこすったりしないようにしましょう。

どちらにもいえることですが、気になるからといって目を触ったりこすったりすると症状が悪化するおそれがあるので気をつけましょう。

抗菌の目薬

麦粒腫の場合は抗菌の目薬や軟膏を使って腫れを抑えていきましょう。また抗生物質や炎症剤を服用して早期回復に努めます。抗生物質が効いてくれば3~5日ほどで回復し、10日もすれば完治します。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の場合は雑菌が原因ではなく、脂肪がマイボーム腺にたまることで起きるものです。温かいタオルを患部に優しくあてて脂肪を体内に吸収させるといいですよ。すると腫れも次第に引いてきます。

ですがしこりが残ることがあります。炎症は治まったとしてもしこりが残って生活に支障をきたすという場合は切開手術を行うことをおすすめします。症状や状態によって切開方法が異なりますが、2~3週間ほどで良くなってきます。

ものもらいの予防法について

ものもらい

上まぶた・下まぶたともにものもらいの予防には、「アイメイクはきちんと落とす」「汚れた手で目を触らない」「コンタクトレンズは清潔に管理する」など、目の周りを清潔に保つことが大切です。

また、バランスの良い食事と十分な睡眠をとって免疫力が低下しないようにしましょう。
ストレスも免疫力の低下を引き起こす原因となりますので、ストレスを溜めこまないよう心掛けてくださいね。

子供の「ものもらい」の原因や対処法は?

子供 ものもらい

子供のものもらいはミルクや汚れた手で目を触ったりこすったりしたことが原因で起きます。また不衛生な寝具、タオルなどでもものもらいになることがあります。

目の周りが赤く腫れていたり、まぶたが腫れていたりといった症状があればすぐに病院へ連れていってくださいね。子供がまだ小さいと上手く言葉で伝えることが出来ませんので、頻繁に目をこすっていたり触っている時は注意してみてみましょう。

麦粒腫なのか霰粒腫なのかで処置も大人と同様に異なります。症状が悪化する前に気づいたら病院で診てもらいましょう。治療については先生に相談しながら進めていきます。

ものもらいはプールで移る?はやり目に注意!

プール熱 子供

よくものもらいは人に移るといいますが、実際はそこまで神経質になる必要もなさそうです。

というにもものもらいが移る時というのは、ものもらいになっている人が使ったタオルなどを使ってしまったり、ものもらいを触った手で人に触って移ってしまったというケースです。基本的には伝染しないという風に考えてOKとのこと。

ですのでプールで感染するということはほぼ無いと言っていいでしょう。ですが、ものもらいになりかけの時にプールに入って症状が悪化する、ということはよくあるようです。

はやり目 感染

プールで感染に気をつけなければいけないのはものもらいより「はやり目」です。
ものもらいとは全くの別物になります。はやり目はウイルスが原因で目や体に異常が起きる病気です。

よくプールの後に熱が出て寝込む、といったことが起きるのはこれが原因かもしれません。プール熱とよく言われます。プール熱はアデノウイルスが原因で発症する結膜炎ですが、非常に感染力が高いのが特徴です。

接触感染の他に飛まつ感染によって拡散し、一気に広がります。学校では治るまでは出席停止になる病気ですので、もし帰宅後に目に異状を訴えるようであればすぐに眼科に行くようにしてください。ご家族にももちろん移りますので、注意が必要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加