アレルギー性結膜炎の治し方や原因、症状について

アレルギー性結膜炎

「目がかゆい!!」「目が赤い!!」こんな症状がある方は、アレルギー性結膜炎かも!?

ここでは、アレルギー性結膜炎の原因や症状、治し方などについてご紹介しています。

スポンサーリンク

アレルギー性結膜炎とは?

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、目の表面にアレルゲンが付着して結膜に炎症が起こる病気です。

特定の季節にあらわれる「季節性アレルギー性結膜炎」や、1年中症状がみられる「通年性アレルギー性結膜炎」のほか、重症のアレルギー性結膜炎である「春季カタル」、ソフトコンタクトレンズ使用者にみられる「巨大乳頭結膜炎」などの種類があります。

続きでは、アレルギー性結膜炎の原因や症状、治し方や予防法についてお話しますね。

結膜炎の原因について

アレルギー性結膜炎の原因は、スギやヒノキ・ブタクサなどの花粉のほか、ホコリやダニ・カビなどのハウスダスト、動物の毛、コンタクトレンズの汚れなどが挙げられます。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎の症状は?

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎の主な症状は、目のかゆみや充血、目やに、目の異物感などです。角膜に傷がついたり、まぶたの裏にぶつぶつができる場合も。

コンタクトレンズ関連の結膜炎の場合は、レンズのくもりが起こることもあります。

結膜炎の治し方・予防法はコレ

アレルギー性結膜炎の治し方は、主に抗アレルギー点眼薬が処方されます。症状が重い場合には、【ステロイド点眼薬】や【免疫抑制点眼薬】などを使用することもあります。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎を予防するには、できるだけ「アレルゲンに触れないこと」が大切です。でも、自分がどのアレルゲンに反応しているかハッキリ分かっている方は少ないのではないでしょうか。アレルギー性結膜炎だけでなく、アレルギー性鼻炎や花粉症でお悩みの方は、パッチテストや血液を調べる方法などでアレルゲンを特定しておくと、より予防や対策がしやすいと思います。

どの花粉がアレルゲンか判明している場合は、花粉飛散時期の約2週間前から治療を始めると良いでしょう。メガネやマスク、帽子などを着用し、帰宅時には衣類などについた花粉を落としましょう。手洗い・うがい・洗顔もアレルギー性結膜炎の予防に効果的です。衣類や布団を外に干した場合は、花粉を落としてから取り込んでくださいね。

アレルギー性結膜炎

ハウスダストが原因の場合は、こまめに掃除をしましょう。ホコリが溜まりやすい場所は雑巾などで拭いてくださいね。ダニが繁殖しやすいため、絨毯などの敷物は使用しないほうが良いでしょう。

アレルギー性結膜炎は目のかゆみが強いため、とても辛く感じる病気です。アレルギー性結膜炎を発症しないよう、また悪化させないように、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク