【乳幼児の中耳炎】 症状や治療法とは? お風呂はどうする?

中耳炎

乳幼児の中耳炎の症状として、耳垂れが出てきてしまうというものがあります。それから普段よりも物音が聴こえにくくなってしまう子供も沢山いるものです。なので中耳炎にかかってしまった子供は、とにかく普段よりも不機嫌になってしまいがちになります。

中耳炎の辛い症状を治していく為の治療法には、どのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

乳幼児の中耳炎の治療法とは?

中耳炎

一般的に中耳炎に関してはあまり直接的な治療法はないと言われていますが、鼻の症状を治すことによって耳も治していく等の間接的な治療法については、沢山あるものなのです。

乳幼児が中耳炎になっている間というのはとにかく機嫌が悪くて親は大変になってしまいます。なので子供の為にはもちろんのこと、親の為にもしっかりと中耳炎を治療していくようにしていきましょう。

薬による中耳炎の治し方について

中耳炎

中耳炎の治し方には、薬を服用するという治療法もあります。これは主に鼻の症状を治す為の薬ですが、鼻と耳は繋がっていますので、鼻の症状を治すことで耳も良くなると言われています。なのでこのような治療法が有効的なのです。

それから病院によっては点鼻薬や点耳薬を処方してくれることもあります。特に乳幼児にそれらの薬を使用するのは非常に難しいものですが、頑張って大人しくさせてそれらの薬を使って治していくしかありません。

中耳炎の時、お風呂はどうする?

中耳炎

中耳炎の症状がまだまだ酷い時というのはお風呂に入ったり洗髪をしたとしても、とにかく耳の中に水が入らないように注意しなければいけません。

耳にガーゼをかぶせたり、できることならば タオルで体をふく程度にしておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加