【外耳炎】 大人・子供の症状や治療法とは?

外耳炎

外耳炎を発症した子供の症状としては、やけに耳のかゆみや痛みを訴えるようになります。ここでは、大人・子供の外耳炎の症状や治療法を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

子供の場合は自己判断などもまだ難しいので、大人が耳の状態を把握してあげましょう。

スポンサーリンク

外耳炎の大人・子供の症状とは?

外耳炎

外耳炎の主な症状として、耳が痛いとか、かゆいとか、ヒリヒリと熱くなる感じがするというのは、子供も大人も感じる症状です。「耳に触れると痛い」とか「白色や黄色の液が耳からたれている」などの症状が見られるときには外耳炎の可能性は高いです。

放置してしまうと、普通に食事をするだけでも 咀嚼で耳への痛みが出ることがあります。ひどくなると、耳にある骨まで変形する可能性もありますし、そこまで行かなくても顔が腫れることはあります。

外耳炎の治療法について

外耳炎

外耳炎の治療法ですが、軽いレベルだと、3日くらいで自然に治癒します。

本格的な医療機関での治療法となると、吸引器などで感染などの分泌物を除去する必要があります。それから、副腎皮質ステロイドとか、高精細などを塗布します。この他にも、飲む抗生剤を服用して様子を見ることになります。

大人の外耳炎について

外耳炎

大人の場合の症状も、子供とさほど違いはありません。
爪や耳かきなどで外耳道に傷をつけてしまい、そこから細菌が侵入して起こるケースもあります。耳が詰まった感じがして、痛みなどを感じ始める人が多いようですよ。

治療法は、軽度なら自然に治癒していくことが期待できます。ですが症状によっては、専門医に任せる必要が出てきます。病院での治療法は、幹部への消毒をして、抗生物質を服用することが基本です。

耳に違和感を感じたら、早めに耳鼻科や病院へ行って下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加