【大人の中耳炎】 鼓膜切開の痛みとは? 聞こえは良くなる?

中耳炎

中耳炎とは風邪ウイルス感染や細菌等が原因となって中耳に炎症が起こる病気です。中耳とは耳の鼓膜の内側にある部位のことで、炎症がおきると強い耳の痛みを感じるようになります。

ここでは、大人の中耳炎や鼓膜切開の痛みについてご紹介していきますね!

スポンサーリンク

大人の中耳炎について

中耳炎

大人の場合、中耳炎が悪化すると耳の中の浸出液が膿なって溜まっていき、更に強い痛みや発熱とともに耳の聞こえが悪くなります。

治療せずに放置すると中耳に溜まった膿が耳の外に流れ出すといった【耳だれ】と呼ばれる症状を起こす場合があります。溜まった膿が流れ出る事で耳の痛みが治まってくることもありますが、耳の聞こえが悪い状態が続くことで日常生活に支障を起こす場合もあります。

子供がかかりやすい病気ですが大人が発症した場合は、更に悪化することがありますので、耳の痛みを感じたら耳鼻科での早急な治療が必要です。

鼓膜切開の痛みとは?

中耳炎

中耳炎の治療には「抗生物質」や「鎮痛剤」が使われますが、膿が溜まっている場合は鼓膜切開が有効です。 鼓膜切開というと怖いイメージがありますが、麻酔を使用する事で切開による痛みは軽減されるので安心してくださいね。

手術で聞こえは良くなる?

中耳炎

鼓膜に注射針程度の穴を開けて耳の痛みの原因となっている膿を吸い出します。鼓膜は治癒能力が高く、切開した後の傷跡も自然にふさがっていきます。

内耳に膿が溜まった状態は、痛みだけでなく鼓膜の働きが鈍り聞こえが悪くなる原因になるので、鼓膜切開する事で膿を取り出し、内耳を乾燥させれば 症状が治まり、鼓膜の働きも元に戻るので聞こえが良くなります。

中耳炎を繰り返しているという場合は、中耳の膿を綺麗に取り除くことで再発を防止することもありますので、症状を感じたら病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加