耳管狭窄症はストレスが原因? 治療法や耳抜きのやり方はココ!

耳管狭窄症

耳管狭窄症って聞いたことがあるでしょうか。鼻と耳の間に通っている管が狭くなり、換気がうまくできなくなった状態をいいます。

ここでは、耳管狭窄症の原因や治療法、耳抜きのやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

耳管狭窄症はストレスが原因?

耳管狭窄症

耳管狭窄症の原因の中には、ストレスがあげられます。ストレスからおこる症状は、なかなか検査でとらえにくく判断が難しいです。そのため治療法の確立も困難と言われています。

日頃からのストレス解消法を見つけ、ストレスがたまらないようにする必要があるでしょう。

耳抜きのやり方について

耳管狭窄症

また一般的に耳管狭窄症に対してあげられている治療法の中に、耳抜きがあります。耳抜きの一般的な方法は指で鼻を塞いだまま鼻をかむと、耳管を通して中耳まで空気が入ることになります。そうすることで耳の症状はずいぶん改善するでしょう。

しかし、病気が完治したというわけではありません。再び耳管狭窄症に陥った際には、耳抜きを行う必要があります。根本的に原因となる疾患があるのであれば、まず原因となる疾患から先に改善させることを考えましょう。それが最善の治療法といえます。

耳管狭窄症の治療法はコレ!

耳管狭窄症

耳管狭窄症の原因になる他の要素には、風邪症状を伴う耳管の炎症があります。また副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、気圧の差もあるでしょう。症状を訴える多くの方が高齢者でもありますので、加齢の問題もでてきます。

毎日の生活で溜まった疲労はどうでしょう。これらも安易に考えていると耳管狭窄症をおこす原因にもなりかねません。

また通院で行われる治療法の中に、耳管通気療法があります。これは、カテーテルを鼻から挿入し、耳管の入り口にあてるようにし中耳にむかって空気をいれる通気療法です。この方法も一度で完治することは少なく、症状が再び出た時には通院する必要があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加