耳だれの原因や症状とは? 放置するとどうなる?

耳だれ

耳だれは赤ちゃんに起こる症状だと思われることが多いですが、実は大人でもかかることはあり、それを放置していくと大変なことになるので注意が必要です。

ここでは、耳だれの原因や症状、放置するとどうなるかをご紹介します。

スポンサーリンク

耳だれの原因や症状について

耳だれ

耳だれは、耳の中から膿などの分泌液が出てくる症状のことで、片方ばかり向いて寝ているときに 布団と接触している耳の中が蒸れることによって症状が出ます。赤ちゃんに多いのも、このパターンです。

大人が耳垂れになるには、いくつかの原因が考えられます。まず知らないうちに【急性中耳炎】になってることが原因で耳だれが起こっていることがあります。

耳だれを放置するとどうなる?

耳だれ

耳だれは、特に痛みや大きな症状がないため そのまま放置してしまうこともあります。

ですが、耳だれを放置すると、今度は【慢性中耳炎】となり、さらにその症状をほうっておくと、今度は【真珠腫性中耳炎】となり、血の混じった赤い耳だれが出るようになります。

耳だれが悪化して起こる病気とは?

耳だれ

耳だれが悪化して起こる病気の【真珠腫性中耳炎】とは、鼓膜の一部が内耳側に膨れ上がって球状の塊になるものです。手術で取り除くことはできますが、大人になるとつい放置しがちになるので注意が必要です。

また、【ウェゲナー肉芽腫】という難病の症状の一つに耳だれを起こすことがありますが、耳だれだけでこの病気だと判断するのは難しいです。違和感を感じたときは専門医に診てもらうようにしましょう。

耳だれは早期発見・治療が大切!

耳だれ

耳の掃除をしすぎることによって起こる【外耳道炎】など、耳の病気は意外にも多いことがわかります。あまり痛みや自覚症状がないので つい放置しがちですが、それは鼓膜が破れたり難聴などの原因ともなるので、早めに治療することが望ましいでしょう。

耳だれは、耳の中に炎症を起こすことによって分泌液が出てくるので、放置せずに違和感があった場合は耳鼻科に行くようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク