【突発性難聴】 原因は仕事やストレス? 治る可能性は?

突発性難聴

突発性難聴は、朝起きたとき急に片側の耳が聞こえなくなったり、何か詰まったように聞こえにくくなる症状で、年間で3~4万人がかかり、誰でも発症する可能性のある病気です。

突発性難聴のはっきりとした原因はわかっていませんが、【2通りの説】が考えられるとされています。 見ていきましょう…

スポンサーリンク

突発性難聴の原因はストレス?

突発性難聴

突発性難聴の症状の前にウィルスによる風邪の症状を発症している人が多いので、何らかのウィルスが突発性難聴に原因になっているのではないかという説があります。 また、内耳血管の塞栓や出血など、血流が悪くなることで突発性難聴を発症するのが原因とも言われています。

突然片側の耳が聞こえなくなるため、改善するためには約専門医にかかるのは良いのですが、忙しいから…と放置すると、放置する時間が長ければ長いほど治るのが遅くなり、聴力が戻りにくくなると言われているので、早期発見・早期治療を心がけてくださいね。

突発性難聴の治療法について

突発性難聴

突発性難聴の治療法としては、この症状が出た場合にその患者が強い精神的・肉体的ストレスを感じていることが多いため、まず安静にすることが一番治るための近道だとされています。

それ以外に、副腎皮質ホルモン薬や、血流改善薬、ビタミン剤などの飲み薬を服用していきますが、一度治ると再発しないのが突発性難聴の特徴です。

突発性難聴が治る可能性は?

突発性難聴

突発性難聴は一時的なものなので、治る可能性は充分にありますし、「一度治ると再発はしない」といわれています。 ですが、いつまでたっても改善しなかったり、一度治ったのにまた再発するようなことがある場合は【メニエール病】や【聴神経腫瘍】などの他の病気を疑う必要があります。

自覚症状が現れたら、まずは 病院へ行くようにして、医師の指示を仰ぎましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク