【副鼻腔炎の症状】 頭痛や歯痛、熱がある時の対処法は?

副鼻腔炎

副鼻腔炎は蓄膿症とも言われている病気であり、色々な原因からなる病気ですが、特に風邪の悪化が原因となって副鼻腔炎になってしまう場合が多いです。

ここでは、副鼻腔炎の症状や対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

副鼻腔炎の症状について

副鼻腔炎

副鼻腔炎の症状として、頭痛や歯痛や発熱などがあります。

副鼻腔炎というのは副鼻腔に膿が溜まってしまう病気ですので、時に頭痛や歯痛や発熱等の症状が現れることもあるのです。そしてそれらの症状が現れた時の対処法をしっかりと覚えておくことで、いざという時に慌てなくてもすみます。

特に夜中に突然 頭痛や歯痛になってしまった時に慌てる人が非常に多いので、しっかりと対処法を身につけておきましょう。

頭痛や歯痛の応急処置は?

副鼻腔炎

もしも副鼻腔炎が原因による激しい頭痛や歯痛が起こってしまった場合、とにかくまずは【ロキソニン】などの痛み止めを服用するようにしましょう。

ロキソニンは最近はドラッグストア等に行って簡単に購入することが出来ますので、もしもの時に備えて常に手元に置いておくようにすると安心できるのでオススメですよ。

熱がある時の対処法はコレ

副鼻腔炎

熱が出て苦しい場合の対処法として、市販の【熱さまし】を使うという方法もあります。これもドラッグストア等で簡単に手に入れることが出来ますので、もしもの時に備えて持っておくようにしましょう。

しかし市販の痛み止めや熱さまし等を服用するという対処法は、あくまでも一時的な対処法に過ぎません。耳鼻科に行ってしっかりと副鼻腔炎を根本から治さない限りは、いつでもそれらの症状は現れてしまうものなのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加