【秋風邪】熱が出て喉が痛い! 症状や治し方は?

秋風邪

秋風邪は、夏の暑さが落ち着き夏の疲れが出たと考え、そのまま放置しがちです。放置したために長い期間、体調が悪い状態が続き、夏が終わり涼しくなって過ごしやすいのに何となく体調が悪い状態が続くというのが秋風邪の症状のひとつです。

ついつい暑い日が終わって急に寒くなることで体が気温の変化に耐えられず風邪をひくこともおおいです!

スポンサーリンク

秋風邪の症状について

秋風邪

秋風邪の症状は、冬の風邪のように高い熱が出て続くような症状ではなく、まず咳や鼻水の症状があらわれます。

これは夏から秋の乾燥した空気に変わり、その変化に体がついていけずに呼吸機能が低下するためです。さらに、夏に体を冷やすことで胃腸が弱まり免疫力が低下して体のだるさが続いたり、発熱につながります。気温変化への自律神経のバランスが乱れることも秋風邪が長引くこともあります。

秋風邪の治し方は?

秋風邪

秋風邪の治し方で大切なことは、夏の疲れで低下した体力を回復させるために体を休めることです。体調が悪かったらゆっくり休むことが最適な治し方と言えます。

また、食事や飲み物での治し方もあります。スポーツ飲料や生姜はちみつ湯も飲むのも良いです。

スポーツ飲料には風邪の回復に有効な水分補給、汗により失ったナトリウムの補給、体温上昇と共に血流をよくして体内のウイルスを撃退する効果が期待できます。生姜はちみつ湯は、生姜とはちみつというどちらも風邪の回復に効果があります。生姜は免疫力を上げ、殺菌作用のあるはちみつは喉の炎症を抑えることが期待できます。

秋風邪

秋風邪をひかないように夏の終わりごろから予防することも必要です。体を冷やし過ぎず胃腸を温めていたわり、緑黄色野菜や根菜類を中心に栄養バランスのよい食事をとります。また、秋に入ったら乾燥対策、半身浴などで体を温めることで秋風邪を予防します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加