風邪による発熱で関節が痛い!対処方法とは?

風邪

一般的に、風邪は身体の抵抗力が落ちてしまい空気が乾燥している【寒い時期にかかるもの】として考えられています。しかし、それとは逆の時期である夏場に風邪をひいてしまうこともあります。ここでは、風邪の発熱で関節が痛い時の対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク

風邪の発熱で関節が痛い!

風邪

夏場にかかった風邪を特に【夏風邪】と呼んだりしていますが、一般的な風邪と夏風邪の違いとして「治りにくい」と言われているのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
夏風邪の症状として 主なものは、発熱や腹痛、下痢がありますがもう一つ、関節痛を伴うことも少なく無いとされています。

風邪

なぜ風邪の症状から関節が痛むのかというと、これは身体の持つ免疫が風邪のウィルスに対抗した副作用とも言え、免疫によって関節が炎症を起こすためです。

関節の痛みの対処方法とは?

風邪

風邪による関節の痛みにも個人差がありますが、人によっては全身に痛みを伴うこともあり「眠れない」というケースもあるようです。その対処法としては解熱剤の服用が一般的です。

なぜ関節痛に解熱剤がいいのかというと、解熱剤は鎮痛作用もあるために熱を抑えると共に関節の痛みにも対処することができるというわけになります。ですので夏風邪によって発熱と関節痛に悩まされるようならば病院で解熱剤を処方してもらうとよいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加