【舌癌】初期症状や生存率はどれぐらい?早期発見が鍵!!

舌癌

【舌癌】舌にできるガンということになります。正確には舌の舌先から3分の2部分と舌の下にできるガンのことを指します。

舌癌は舌のできるガンなので目視することができるので、比較的 発見は容易です。何らかの違和感を感じたら鏡を使ったりして自分で確認をすることができるからです。

ここでは、舌癌の初期症状や生存率をご紹介します。

スポンサーリンク

舌癌の初期症状について

舌癌

舌癌の初期症状は舌に白い斑点が出来たり、赤くなる部分が出てきたりシコシができるというようなことが感覚として分かる特徴となります。

他の初期症状として舌からの出血があるということ、刺激のある食べ物を口にすると舌がしびれたり痛みを感じることがあるということ、口臭がひどくなるといったことが上げられます。

舌癌は早期発見が鍵!!

舌癌

「舌癌は早期発見が鍵」と言われています。詳細な検査を行う前に自分自身で違和感を感じたり、目視する事が可能なので、発見することは比較的容易なのです。

ただ、違和感を感じても口内炎が出来ているだけと放っておくと発見が遅れ、大変な事になります。最悪、舌を全摘出することになり言葉を失い、味覚を失う可能性もあるのです。

舌癌の生存率は?

ちなみに舌癌の生存率50%~80%程度となります。あまりにも治らない口内炎は早めに医者に診てもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク