急性喉頭蓋炎は感染が原因? 症状や再発の可能性について

急性喉頭蓋炎

2015年10月30日、女優の門脇麦さんが急性喉頭蓋炎のため入院したとのニュースがありました。「急性喉頭蓋炎ってどんな病気!?」ここでは、急性喉頭蓋炎の原因や症状などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

急性喉頭蓋炎は感染が原因?

女優の門脇麦さんが【急性喉頭蓋炎】で入院したとニュースになりましたね。まだ若い女優さんが入院したとあって「急性喉頭蓋炎ってどんな病気だろう?」と思った方は少なくないのではないでしょうか?

急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎は、気道の一部であり声門のすぐ上にある喉頭蓋という部分が急激に腫れて気道を塞いでしまう病気です。腫れが酷い場合には窒息に至る危険性も!!急性喉頭蓋炎は細菌感染が原因で、そのほとんどはB型インフルエンザ菌が原因となっています。

急性喉頭蓋炎の症状について

急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎は発熱や喉の痛み、飲み込むときの痛みなどが初期症状として多くみられます。
その後、数時間のうちに呼吸困難や喘鳴といった症状が現れます。さらに進行すると窒息に至ることがあるため、注意が必要です。

急性喉頭蓋炎は再発する?

急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎は細菌が原因であるため、再発する可能性があります。喉の乾燥を防ぐためにマスクを着用したり、室内を加湿することが予防対策として効果が期待できます。

酷くなると窒息に至る危険性もある急性喉頭蓋炎。もしも「急性喉頭蓋炎かな?」と思ったら、早急に耳鼻咽喉科で診察してもらいましょう。呼吸困難がある場合は、できれば入院施設のある病院を救急受診してくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク